全自動未来製造機。

その名を知らぬ者はもうこの国にいないだろう。

永遠の命を手に入れられて、仕事も家事も行う必要がなくなり、自由に生き続けることができる。

そんな夢のような機械。

大々的にニュースになり、公募で先行体験者が決まった。

それはたったの6人だけ-----。

プレイ人数:6人専用

プレイ時間:1時間30分

​ゲームマスター:不要

FUTURE TONE

 プレイする方は下へスクロール 

6月29日金曜日、午後19時。 先行体験者は、建物に一人も遅刻なく揃った。

全自動未来製造機を試そう、ご対面だ-----

そう思って待ち続けるが、案内人も全自動未来製造機も姿を現さない。

「すみません、僕探しに行きます。」

こんなところにまでスーツで来ている男が言った。

「私も探します」真面目そうな女が追って言う。

みなは、案内人を捜索することになった。

​ルール説明

ロールプレイ型の推理ゲームです

みなさんは与えられた目標に基づいて、ロールプレイをしながら物語を進めてください

プレイヤーシート(以下PS)がみなさんに与えられますが、

それを読み上げたり、コピーペーストしてはいけません。

このマーダーミステリーは第三フェイズ制です。

対面でやる場合、12分ー10分ー12分で行ってください。

オンラインでやる場合、15分ー10分ー15分で行ってください。

PSの読み込み時間は8分です。

密談はありません。

​全員嘘を自由につけるシナリオです。

プレイ後のネタバレ厳禁ですが、「ネタバレ注意」とタイトルに入れて下されば動画で使用も可能です。

​また、商業利用も可能です。

​キャラ選択

新名(にいな)20代 男

最初に探そうと言い出した男。

メガネにスーツのいかにもサラリーマン。

仕事帰りだろうか?

 

森井(もりい)10代 女

ぽつんと浮いた青いメッシュの入った少女。

セーラー服を着ている。

スカートの丈が危なっかしい。

 

萩原(はぎわら)60代 女

少し愛想の悪いおばあさん。

渋々捜索を始めた。

花柄のスカートを履いている。

長谷川(はせがわ)20代 女

真面目そうな、短い黒髪の女。

服装はロングスカートに長袖。

 

東(あずま)30代 男

ラフな格好の男。

場の空気に流されやすいようで、

捜索の流れになったときはサッと従った。

 

重松(しげまつ)30代 男

横に大きい体型の男。

大きめサイズのジャージを着ている。

汗をハンカチでせわしなく拭いている。

​導入(プレイヤーシート読み込み後)

セーラー服の少女が呟いた 「なによ、これ……」

「どう見ても死体だろ。」 太った男が取り乱したように言う。

「この場所は、警察を呼ぶにもまずい場所でしょう。

とりあえず私達で殺した犯人を見つけましょう」

静かそうな女も取り乱したように、言った。

 

テーブルの上に各々の名札が置いてあった。案内人が用意したものだろう。

それを静かに一人ずつ首に下げた。

そして、犯人探しが始まった。

第一フェイズ初期情報

(以下の自分のキャラクターの情報を選択し、クリック)

議論は対面:12分

オンライン:15分 です

第二フェイズ初期情報

(以下の自分のキャラクターの情報を選択し、クリック)

議論は10分 です

第三フェイズ初期情報

(以下の自分のキャラクターの情報を選択し、クリック)

議論は対面:12分

オンライン:15分 です

​解答

​エンディング